テーマ:妄想小説№4

”Hello!Days”第9話、『開幕!大威震七連制覇!!』

「はぁ?里沙ねえを賭けた勝負を持ちかけられた!?」 俺と里沙ねえは教室へ戻り、さっき生徒会室での顛末を恋次達に聞かせていた。 ……… …… … 「いいえ、意味はあるわ」 「里沙ねえ!」 「新垣くん!」 「………」 里沙ねえの登場と同時に、まるでパブロフの犬が如く、里沙ねえに飛びつく会長。 そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説について解説&コメントレス

新小説、取りあえず8話まで晒してきたわけだけどここでちょっとした解説を書きます。 読んでくれた方ならお分かりのの通り、物語は主人公、古羽雅貴の視点で進んでいます。 これは古羽の心理描写を描くには凄くやりやすい方法です。 しかしこの手法だと物語の語り手の知らない事、居ない場面での出来事、他の登場人物の心理描写を語ることは出来ませ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”Hello!Days”第8話、『江武丸史章の兆戦』

小春との喧嘩も無事に終焉を迎え、俺はいつもの日常を取り戻した。 ずっと心の中にあったモヤモヤした感じが無くなったのだから、それ自体は良いことである。 しかし、これはこれで色々と問題がある気がするのは俺だけではないはずだ。 「なぁ小春……」 「なぁにぃ?」 「歩きづらくないか?」 「べつにぃ」 「でも人が見てるぞ?」 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”Hello!Days”第7話、『二人の気持ち』

俺は越谷の安い挑発に乗ってしまい勝負する事となってしまった。 愚かにもマラソンにも関わらず、短距離走並みの全力疾走をしてしまっている訳である。 しかし当然のことながらあっという間に体力の限界を迎えてしまい、最初はトップだったものの、あっという間に最後尾になってしまい、クラス一体力がなくガリガリに痩せている日陰影吉と、アニメオタクで太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”Hello!Days”第6話、『男の意地』

小春との喧嘩から一週間が過ぎた。 最初の頃は俺の方がアイツを無視したりと、どちらかというと陰鬱な喧嘩だったのがここ数日はそれが無くなった。 それは良い傾向ではあるのだが、決して仲直りをしたわけではない。 「着いて来ないで!」 「お前こそ着いて来るな!」 「着いて来てるのはそっちじゃん!」 「そっちだろ!」 「アンタ達い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”Hello!Days”第5話、『不思議な感情』

高校へ入学して三日目を迎えた。 たった二日しか過ぎていないというのに、慌しくて心が休まる暇が無かった。 そんな疲れからなのか今朝は寝坊してしまい、小春は俺を置いて先に学校へ行ってしまったようだ。 まったく、その疲れた原因の一つは小春だってのに薄情な奴だ。 だが寝坊といっても、普段より十五分遅く起きただけなので、登校時間には全然余…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”Hello!Days”第4話、『光井の陰謀……そして就任』

カーテンを開け春の暖かい日差しを体に受ける。 普段ならまだ布団の中で寝ぼけてるような時間だが、気付くと三十分も早く目覚めてしまった。 俺の家の右隣は小春の家で、俺達の部屋は丁度向かい合ってる形になってる。 ここ数年はなくなったが、小さい頃はお互い屋根を伝って互いの部屋を行き来したものだ。 小春の部屋の方を眺めてみるとまだ寝てるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”Hello!Days”第3話『幼馴染』

入学式とHRが終わり下校する時間となった。 俺と光井は昇降口で靴を履き替えながら、入学式での出来事を話しいていた。 「ふぅ、無駄に疲れた気がする」 「お疲れさん古羽くん」 「お前本当にそう思ってるのか?」 「もちろん。おもろい事は大好きやし」 「ぜってぇ楽しんでるだけだ……」 だが愚痴をこぼす俺を尻目に、光井はまっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”Hello!Days”第2話『ライバル登場?』

朝っぱらからちょっと一騒動ありはしたが、とにかく今日は入学式。 今日から高校生活が始まるのだ。 俺は少しの緊張と大きな期待を胸に、一年A組の教室へ向かう。 教室へ向かう途中に気付いたことだが、何故かこの学校は女子の割合が圧倒的に多いようだ。 少なく見積もっても7:3ってところだろうか? しかも可愛い子ばかりという、思春期の男子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”Hello!Days”第1話『始まりの春』

新しい生活を始める時は、誰しもわくわくするような高揚感、そして不安な気持ちというものがあるものだ。 表立ってはそんな素振りは見せたくないので平静を保ってはいるが、それはこの俺、古羽雅貴も例外ではなかった。 といってもそれほど大げさなものではなく、単に今日から高校生活が始まるだけのこと。 昭和初期ならいざ知れず、高校の入学式なんて現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新小説の報告

また妄想小説の更新が止まってるくせに、新たな妄想小説を考えてます。 というのも、最近小春熱が高まりすぎて、小春をヒロインに据えた話を書きたくなったものでw で、とりあえず一話は出来てますがタイトルが決まってませんw ストーリーは学園物で、登場人物はハロプロの面々。 そして実際の年齢とは違うメンバーも大勢います。 あとマイミ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more